精密義歯

当院では保険診療の範囲で製作する義歯と自由診療で製作する義歯
二つの選択を患者様にお願いしております。


違いについて

材料の違い

保険義歯に使われる材料は限られています。
機能性や設計自由度の高い材料を使う場合は保険外義歯になります。
「丈夫で、よく噛めて、見た目の優れた義歯」を製作するためには、保険上の約束があるため対応できない事が多数あります。

手間隙の違い

保険診療で製作する義歯と保険外義歯の違いにおいて、義歯製作における材料の違いだけではありません。

義歯製作に関し、製作に掛かる時間と技術と労力の差が、保険義歯と保険外義歯の違いと私は考えます。

義歯製作が始まると歯科技工士と入念な打ち合わせを行います。

患者様一人一人にあった環境やニーズ(要望)、お口の中の条件を十分に打ち合わせします。
時間、労力、コストを惜しまず相談の上、製作工程に入ります。

普段、患者様の前に出向く事のない歯科技工士にも、必ず患者様にお会いいただきます。
患者様のお顔の表情、口元の輪郭、義歯に対する要望、個性や表情を診てもらいます。
一人一人に合った義歯を製作するには必要な事だと私は考えます。

歯科技工士は寝る間も惜しみ患者様に合った最高の義歯を心を込めて製作したいと日夜努力をしているのです。

現在の国民皆保険制度で製作する義歯は歯科医師、歯科技工士において、本格的に作ろうとすればする程、高度な技術とそれに見合った時間を必要とし、一生懸命つくればつくるほど、医院も歯科技工士も赤字経営になってしまいます。

従って保険義歯の場合、時間をかけて丁寧に製作できない事があるため、患者様、一人一人に合った痛みがなく、噛める、吸着力の優れた義歯を製作する事に難渋する事が多くあります。

精密な義歯をつくるには、「時間」と「技術」が必要なのです。

患者様にとって本当によい義歯とはなにか

毎日使う体の一部ですから、快適に長く使える義歯を製作したい。

徹底したこだわりをもって製作したいと考えています。

入れ歯の種類

金属床義歯(総義歯) – 保険対応外 -
義歯の床の部分が金属でできた、総義歯です。プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

ノンクラスプデンチャー
義歯には必ず付いていたバネ(クラスプ)を取り除いた義歯です。金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。プラスチック部分は弾力があり、今までバネについていた食べカスがなくなります。

コンフォートデンチャー
コンフォートデンチャー
コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

入れ歯洗浄器を導入しております。

入れ歯洗浄器

入れ歯の治療で来院された方には、専用の器械でしっかり洗浄してお渡ししております。(無料)


価格表

内容 価格
精密義歯 200,000円~

※上記表示価格は全て税抜きとなっております。

PAGE TOP